オーガニックハーブとは、化学肥料や農薬を使用しない無農薬で育てられたハーブのことで、種まきの段階から土壌にも気を配り品質管理がしっかりなされたものをいいます。

また、有機JAS規格基準ではさらに厳しく、ハーブ栽培の行われる土壌に二年以上禁止されている肥料を使用せず、土壌改良剤なども使用していない土壌で育てられていることや遺伝子組み換えなどの技術も使用していないことがオーガニックハーブの条件とされています。

ハーブには「利用する楽しみ」と「育てる楽しみ」がありますが、自分でハーブを育てる場合は、フレッシュで利用する可能性のあるハーブを育てる場合、特に無農薬にこだわって育てたいものです。
やむをえず農薬を使う場合は、注意事項をよく確認して、「薬剤を使用した後どのくらいの期間を置いて食用できるのか?」なども考慮して十分注意して使うようにしましょう。

また、ふだん生活にとても役に立つハーブですが、中には毒性のあるものもありますので注意が必要です。
フォックスグローブ(ジギタリス)は、かつては薬の原料として使われていましたが、後に有害なことが確認されたので現在は観賞用ハーブとして扱われています。子供のいる家庭の庭で育てるのには向かないハーブのひとつでしょう。

フォックスグローブ
フォックスグローブ

また、サザンウッドやサントリーナなど防虫効果の高いハーブは食用できません。

サザンウッド
サザンウッド
サントリーナ
サントリーナ

ハーブは薬効を含むものも多い為、ハーブティーや料理、ヘルスケアとして利用されていますが、いずれも個人の体質や体調が異なりますから多量摂取することは控えましょう。

特に、幼児、妊娠中の方、授乳中の方、アレルギー体質など持病のある方は注意が必要です。

オーガニックハーブティー

「オーガニック」が、有機栽培、有機農業という意味ですので、オーガニックハーブティーとは、有機農法で育てられたより安全なハーブを使って作られたお茶ということです。

「ハーブティー」という飲み物自体が自然や天然を連想させ、古来からの製法で体に優しい農薬ゼロで育てられた安全安心な飲み物のように思われがちではありますが、実は普通に販売されているハーブティーのほとんどは、化学肥料を使用して栽培されています。

ただ、化学肥料や農薬を使用したものでも生産性や栄養価の面からも評価されている部分が高く、安価で日々の暮らしにハーブを取り入れたいと思っている場合には、オーガニックハーブにこだわらなくても有効だと思います。

オーガニックハーブティー

ただ、せっかく自然の力に期待し体に優しいハーブティーを飲もうと考えたのであれば、自然に栽培された味も香りも濃いとされるオーガニックハーブティー、安心・安全なオーガニックハーブティーを飲みたいものです。

AMOMA ハーブティ