リースは、ドアに掛けたり、壁に掛けたり、テーブルの飾りにしたりとアイディアしだいで用途も幅広く、手作りハーブを利用する意味でもぜひ、ハーブのリース作りを楽しみましょう♪

リース

 

ひとことで「ハーブのリース」と言っても、いきいきとしたフレッシュハーブの香りを楽しむリース、長く飾ることのできる乾燥させたハーブを使ったドライハーブリースなど、作り方はさまざまです。

リースとは、もともとドアや壁に掛けるタイプの花輪のことで、はじまりも終わりもない形から「永遠」や「円満」を意味し、幸せを呼び込む縁起のいい飾りとされています。

 

リース

リース作りにルールはありません。
藤やアケビのつるで輪を作り、ポイントにハーブを飾ってもいいでしょうし、ローズマリーやオリーブの枝を丸めてリースベースを作り、リボンで飾っても素敵ですよね♪


リースベース

リースベース

リースベース