ハーブハーブとは、実は私たちの身近にあり、暮らしに役立つ植物(主に香りがある)の総称のことですので、以外かもしれませんが誰もが毎日のように目にしたり、口にしたり、香りをかいだり・・・と、ハーブと触れ合ったりしているものなのです。

また、ハーブには自分で育て鑑賞し、さらに暮らしの中にハーブのさわやかな香りを感じ、使用するという楽しみ方もあります。

ハーブは、ヨーロッパでは古くから薬用として利用され、その後に料理や染料などに使われるようになり、人々の暮らしには欠かせない植物として、その利用方法が受け継がれてきました。

ハーブの香りを活かしたお菓子作り、料理、ポプリや石鹸、入浴剤などの生活用品。

ハーブの効能を期待して、ハーブティー、ハーブオイル、ハーブビネガー、ハーブバター、スパイス、お薬まで。

ハーブティーハーブティー ハーブオイルハーブオイル
ハーブクッキーハーブクッキー ハーブオイルハーブオイル

また、ハーブの色を活かして染料として使ったり、切り花、ドライフラワー、クラフト作り。

ハーブ染料ハーブ染料 チェストフレグランスチェストフレグランス

ハーブでヘルスケア

フェイシャルスチーム【フェイシャルスチーム】
熱い抽出液(ハーブが入ったまま)をボールに移し、顔をかざしてバスタオルをかぶる。目は閉じる。3~5分が目安。
ハンドバス【ハンドバス】
洗面ボールなどにハーブを入れ熱湯を注ぎ、蓋をして15~20分蒸らし、ガーゼなどでこして、水やお湯で薄めたところへ手をひたす。
ローズオイル【ローズオイル】
ハーブと植物油を密封容器に入れ、たまに振りながら2~3週間置き、使う時はハーブを取り除く。マッサージや保湿として・・・
モイストポプリ【モイストポプリ】
ボウルに粗塩とハーブを入れ、よく混ぜ器に盛り付ける。香りが足りない場合はエッセンシャルオイルを数滴たしてもOK!

このように、さまざまなシーンで役立つハーブは、心や暮らしを豊かに彩りや香りを与え、さらに健康や美容にまで良いものとされています。

garden-herbs

たとえ、広い庭などなくてもちょっとしたアイディアや工夫する気持ち、楽しむ心さえあれば、手軽に購入して楽しむのとはまた違ったハーブの魅力を存分に感じることもできるでしょう。

自分で育てたフレッシュハーブならではの魅力や使い方もありますし、好きなハーブにこだわってみると案外他のハーブのこともわかってきたりするので、おもしろいものです。

ハーブを無理なく上手に生活に取り入れ、季節の移り変わりを感じながら、自然と共存する素敵な暮らし方が見えてくることでしょう。