バジルは、パスタやピザなどイタリア料理には欠かせない料理用ハーブの代表種ですが、バジルの種の周りには「ぬめり」があり、このぬめりを使って目に入ったゴミをとっていたことから、日本では「メボウキ」と名付けられました。

レモンバジル

レモンバジル

バジルとして、一般的に料理に使われる種類は「スイートバジル」ですが、他にも「レモンバジル」「ブッシュバジル」「シナモンバジル」など、いくつかの種類があります。

バジルを料理に使う場合は、葉と開花前の茎を使用します。
バジルは「トマト」「ナス」「ニンニク」「オリーブ」と相性が良く、1枚の葉でも香りが立ち込めるほどです。

バジルレシピ

バジルとトマト

また、その香りは病害虫を抑制する作用もあるといわれ、トマトのコンパニオンプランツとしてもよく使われています。

学名 Ocimum basilicum
英名 basil
別名・和名 バジリコ、メボウキ
原産地 熱帯アジア
分類 シソ科 / 一年草
大きさ 30m~50mほど
種まき・植え付け 3~6月
開花時期 7~9月
収穫時期 6~10月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性なし
利用部位 葉、花
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト
花言葉 好意、なんという幸運

basil