ベルガモットというハーブは、古くからアメリカ先住民の人々の間で薬用植物として親しまれていました。
ベルガモットの和名である「タイマツバナ」」は真っ赤な花の色と形がかがり火をたいたように見えることからこう名付けられたと言われています。
が、実はベルガモットの仲間には、赤の他にも白、ピンク、紫などいろいろな花の色の種類があります。

ベルガモット ハーブ

ベルガモット

また、ベルガモットの香りもその種類によってさまざまで、ミント系、レモン系などの品種があり、紅茶の「アールグレイ」は茶葉にベルガモットオレンジという柑橘類の香りを付けたフレーバーティーです。

ベルガモット

ベルガモットという名称もこのハーブの香りが、ベルガモットオレンジに似ているから「ベルガモット」という呼び名になったと言われています。

ベルガモットの葉に触れると、紅茶の「アールグレイ」を思い出すのは、香りが似ているためでしょうね

学名 Monarda didyma
英名 Bergamot
別名・和名 モナルダ、ビーバーム、タイマツソウ
原産地 北アメリカ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 50cm~1.5mほど
種まき・植え付け 9月
開花時期 5月~8月
収穫時期 5月~8月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 葉、花、
利用方法 ハーティー、料理、クラフト、染色、園芸
花言葉 永遠にあなたのもの

Bergamot