近年、ゴーヤは夏の強い日差しを遮るエコプランツ「緑のカーテン」としての需要が高まっており、ゴーヤの栽培も盛んになっています。
ゴーヤの栽培のポイントは、日当たりの良いところを選ぶこと。また、ゴーヤは梅雨時に過湿になりすぎると根腐れしやすくなるので、注意が必要です。

ゴーヤ

ゴーヤ

ゴーヤは食すると独特お苦みがあり、沖縄では古くから親しまれている沖縄野菜です。ゴーヤのハーブとしての成分、苦み成分には、解熱、駆虫、利尿などの作用があり、果実は、ビタミンC、ミネラルを多く含んでいます。

ゴーヤ

最近では、夏の暑さを防いでくれるグリーンカーテンとして、夏の節電対策として利用されています。

学名 Momordica charantia
英名 Bitter melon
別名・和名 ツルレイシ、ニガウリ
原産地 インド
分類 ウリ科 / 一年草
大きさ 2m~
種まき・植え付け 4~6月
開花時期 6~10月
収穫時期 7~10月
日当たり・耐寒性 日当たりをこのむ / 耐寒性なし
利用部位 果皮
利用方法 ハーブティー、料理、園芸
花言葉 強壮

Bitter melon