ビューグルは、現在観賞用ハーブとして園芸に用いられ、多くの種類がありますが、かつては止血や鎮静作用のあるハーブとして薬として利用されていました。
ビューグルは、とても生育旺盛な為、グランドカバープランツとしてまた、日陰でも育つことからシェードガーデンに欠かせない植物として、春から初夏にかけて一面に開花する姿はとても美しいものです。
※シェードガーデンとは、「日陰でも育つ植物」を植えるという意味。

ビューグル

ビューグル アジュガ

日当たりと水はけの良い場所を好むハーブが多い中で、ビューグルは、半日陰で湿り気のある場所を好みます。鉢植えで育てる場合は、水切れに注意しましょう。

ビューグル

学名 Ajuga reptans
英名 Carpet bugle
別名・和名 アジュガ、セイヨウ キランソウ、ヨウシュジュウニヒトエ
原産地 ヨーロッパ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 15cm~20cmほど
種まき・植え付け 3~6月
開花時期 4~6月
収穫時期
日当たり・耐寒性 半日陰を好む / 耐寒性あり
利用部位 地上部
利用方法 クラフト、園芸
花言葉 心休まる家庭、強い結びつき

Carpet bugle