ヒソップ

ヒソップの語源は、ヘブライ語のezo(holy herb)で、神聖なる場所を清めために使われたと言われています。古くは、薬や酒作りに利用され、その薬効や作り方が昔の草花の本に掲載されています。 かつては室内を清浄する目的で床に撒くハーブとして利用され、抗菌、抗うウィルス、発汗などに効果があり、呼吸器系の強化や炎症を沈める働きがあるとされています。