オケラの花

オケラというハーブは、アザミに似た白っぽい花を咲かせ、お茶席の茶花として利用されることの多い植物ですが、「ウケラ」という古くからの名前で万葉集の中でも詠まれています。 大晦日から元旦にかけて京都の八坂神社で行われる朮(おけら)祭りのかがり火に用いられ、邪気を祓う力があるとされています。