チャービルはパセリよりもデリケートで、甘さのある香りからフランスでは、「美食家のパセリ」と呼ばれ、好まれています。
フランス料理のフィーヌゼルブ(ハーブ系スパイスのみじん切り)には、欠かせないハーブのひとつになっています。

チャービル

チャービル

チャービルは、やや湿り気があり半日陰の涼しい場所を好みます。

古代ローマ人が好み、ヨーロッパにもたらされて広まったといわれるチャービル。

ビタミンやミネラルを含み、消化を助け、血行促進作用に期待できます。

チャービル

チャービルは、熱を加えるとそのソフトな香りが消えてしまうので、ドレッシングやサラダ、料理の仕上げとして使われることが多いようです。

栽培:チャービルは、移植を嫌う為、株間を十分にとって、夏に直射日光を避けられるような風通しの良い場所を選んで育てましょう。

学名 Anthriscus cerefolium
英名 chervil
別名・和名 セルフィーユ、ウイキョウゼリ
原産地 ヨーロッパ~アジア西部
分類 セリ科 / 一年草
大きさ 20cm~60mほど
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 6~7月
収穫時期 3~6月
日当たり・耐寒性 半日陰で大丈夫 / 半耐寒
利用部位 葉、茎
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア
花言葉 真心

chervil