コンフリー は、毒性があることが知られるようになり、食べられない ハーブ です。

しかし、コンフリー には植物が生育するために必要なカリウム、窒素、リン酸などが多く含まれていますので、コンフリーで作った液体肥料は、どんな植物にも効果的で手軽に作れてしかも安上がり。

コンフリー の花

コンフリー の花

1株で多くの葉を茂らせる コンフリー 。

液体肥料を作る目的でも3株ほど植えておけば、5月から10月頃までに3回くらいは収穫できます。

コンフリー

日当たりと肥えた湿土を好む コンフリー 。
繁殖力旺盛なので、葉が茂り過ぎたら株分けしてあげましょう。

【 コンフリー で液体肥料を作る】
・大きめの蓋付きのバケツを用意して、バケツの半分くらいまで コンフリー の葉を入れ、バケツの9分目くらいまで水をはります。

・ゴミなどが入らないように蓋をする。(1週間程度で水は黒っぽくなる)
そのまま2ヶ月ほど放置。

・使用する時は、原液を15倍程度に水で薄めて植物の根元の回りの土にかけます。

鉢植えの植物には週に1回。地植えのものには月1回程度が目安です。

基本 ハーブ は、あまり液体肥料は多く必要ありませんが、 ハーブ の花を楽しむ場合は、やはり春から夏にかけて月1回程度が目安です。

学名 Symphytum officinale
英名 Comfrey
別名・和名 ヒレハリソウ
原産地 ヨーロッパ、西アジア
分類 ムラサキ科 / 多年草
大きさ 100cmほど
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 7~9月
収穫時期 5~10月
日当たり・耐寒性 日当たりのよいところでも半日陰でも / 半耐寒
利用部位 葉、茎、根
利用方法 園芸
花言葉 努力

Comfrey