コリアンダーは、ハーブの中でも「葉」と「種」で香りの異なるちょっと変わったハーブです。別名の「パクチー」と言った方がわかりやすいでしょうか?

コリアンダーの「種」は、熟すと「さわやかな香り」、まだ未熟な時は「悪臭に近い香り」と、香りが違います。

コリアンダーの若葉は、生葉でサラダやスープ、薬味としてよく使われますが、じつはコリアンダーの場合、茎も根も食べられます♪

コリアンダー

コリアンダー

パクチーとして料理によく利用されていますが、肉や魚の臭いを消してくれるので、エスニック料理や中華料理では、コリアンダーの独特な香りを効果的に利用しているようです。

コリアンダー レシピ

茎や根は、とても香りの強い部分なので個性的なこれらのメニューによく合うようです。

冷凍保存もできるので、小分けにして凍ったまま料理に利用できます。

また、乾燥した種はさわやかな香りを好まれ、お菓子のアクセントに使われることも多いようですね♪

香りを生かす為には長時間の加熱は避け、料理の仕上げに使うのがコツですよ。

学名 Coriandrum satuvym
英名 Coriander
別名・和名 香菜、パクチー、カメムシソウ / コエンドロ
原産地 地中海沿岸
分類 セリ科 / 一年草
大きさ 40cm~6cmほど
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 5~7月
収穫時期 3~7月(葉)、9~10月(種)
日当たり・耐寒性 日当たりを好むが夏は半日陰がよい / 半耐寒性
利用部位 若葉、種、根
効果・効能 消化促進、防腐作用
利用方法 料理、クラフト、
花言葉 隠れた価値

Coriander