クレソンの栽培のポイントとしては、クレソンは水辺を好み、暑さには弱いということを知っておくことです。
野生のものは水辺に群生していますが、水やりをまめにして土を常に湿らせておくことが出来れば、畑でもクレソンの栽培はできます。
クレソンはハーブの中でも丈夫で、栽培は容易にできます。成長も早く摘み取り作業を繰り返し、脇芽を増やしていけば、どんどん収穫していくことも可能です。

クレソン

クレソン

種を蒔いて栽培することもできますが、水を入れた容器に挿し芽をしてもすぐに根が出てきます。土を入れた容器に挿し芽をして、その容器を水に沈めるだけでも発根するので、簡単に栽培することができます。

クレソンの花

クレソンの花

水辺を好むハーブですが、葉が水溜まりの水に浸かったままになるとその葉は腐ってきます。水はなるべく綺麗なものに変え高温になることを避け、乾燥しないように管理します。

学名 Nasturtium officinale
英名 Watercress
別名・和名 ウォータークレス、オランダガラシ
原産地 ユーラシア
分類 アブラナ科 / 多年草
大きさ 30~50cmほど
種まき・植え付け 4月~6月
開花時期 4月~8月
収穫時期 4月~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 湿り気のある土壌を好むのでたっぷりと水を与える。
用土・肥料 本来、水辺で育つので、水耕栽培でもよく育つ。マメに液体肥料
利用部位 葉、茎
効果・効能 美容・美肌効果、動脈硬化予防、血栓の予防、貧血予防
利用方法 料理、ヘルスケア
花言葉 着実、不屈の力、忍耐力、安定

Watercress