エキナセア属には、3種類あると言われていますが、単に「エキナセア」といえば、花の形状が纏(まとい)とその周りの飾りに似ている、ピンクがかった紫色の「エキナセア・プルプレア」のことをさすことが多いようです。

エキナセア
エキナセア

エキナセアは、観賞用としても綺麗なハーブですが、傷の治療や風邪、セキ止めなどととして、アメリカ先住民の家庭薬として、使われていたようです。

さらに、今日その高い薬効が注目され、「抗菌作用」「免疫機能の向上」「白血球を作る働きを促す」など、天然の抗生物質として、ハーブティーやサプリメントとして、市販されています。

学名 Echinacea purpurea
英名 Echinacea
別名・和名 エキナケア、パープルコーンフラワー、紫馬廉菊
原産地 北アメリカ東部
分類 キク科 / 多年草
大きさ 60cm~1mほど
種まき・植え付け 3月~5月、9月~10月
開花時期 6~9月
収穫時期 6~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 根付くまではまめに気を配る。基本的に過湿を嫌うので鉢植えの場合は土の表面が乾いてからやるようにする。
用土・肥料 水はけの良い土を選び、肥料は控えめ
利用部位 葉、花、茎、根
効果・効能 抗炎症、抗菌、殺菌、発汗、抗アレルギー、抗ウィルス、免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用
利用方法 ハーブティー、ヘルスケア、クラフト、、切り花園芸
花言葉 やさしさ、公平、正義

echinacea