ハーブ フェンネルは、アニスのような香りで魚料理に合うため、「魚のハーブ」と呼ばれています。エジプト時代から料理や薬用として栽培されていたハーブで、特に魚臭さを消す風味づけに適しています。
また、フェンネルのフレッシュな葉は、綺麗な色のハーブティーになり、消化を助ける効果があることから胃腸薬にも利用されています。

フェンネル

フェンネル

フェンネルには一般的な「スイートフェンネル」の他に株元が肥大化する「フローレンスフェンネル」、葉の色が赤銅色の「ブロンズフェンネル」など、いくつかの種類があります。

いずれも直根性(太い根が出る)で草丈も高く育つので、野菜として利用することができます。

フローレンスフェンネル

フローレンスフェンネル

フェンネルのハーブ焼き
フェンネルのハーブ焼き
Striped bass roasted with fennel and herbs, with a side of rosemary roasted baby potatoes

ストライプドバスとフェンネルのハーブ焼き、ローズマリーベビーポテト添え / naotakem

他にも、フェンネルの種子はパン、クッキー、リキュールなどの香味づけなどに使用します。

学名 Foeniculum vulgare
英名 Fennel
別名・和名 スイートフェンネル、ウイキョウ
原産地 地中海沿岸
分類 セリ科 / 多年草
大きさ 1.5~2mほど
種まき・植え付け 4月~5月、9月~10月
開花時期 5月~7月
収穫時期 3月~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 排水の良い場所に種は直まき。(乾燥ぎみに育てる)
用土・肥料 乾燥気味の土を好む。凍結予防に腐葉土などを敷く。肥料は春と秋の2度程度
利用部位 葉、種子、茎
効果・効能 消化を助ける、口臭ケア
利用方法 ハーティー、料理、ヘルスケア、染色、園芸
花言葉 精神の強さ

Fennel