ホップは、ビールの苦味と香りの元として馴染み深い ハーブ ですが、鎮静、催眠作用などの薬用効果を期待して ハーブティー として愛用されています。

生育は旺盛で、つるはよく伸びるので、夏のグリーンカーテンとして利用できます。(トゲに注意!)

日当たりを好み7月から8月にかけて小さな花をつけた後、毬花をつけます。

ホップの毬花

松かさのような毬花 ホップ

このかわいらしさから、クラフトとしてもよく利用されています。

秋の収穫時には、酸化させてしまうとあまり良い臭いはしないので、なるべく速く乾燥させるようにします。香りの変化には注意が必要です。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーとして、リースやトピアリー作りに利用されます。

学名 Humulus lupulus
英名 common hop
別名・和名 セイヨウカラハナソウ
原産地 アジア西武
分類 クワ科 / つる性多年草
大きさ 5m~
種まき・植え付け 3~4月
開花時期 7~8月
収穫時期 8~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 毬花(雌花)
利用方法 ハーブティー、クラフト、園芸
花言葉 希望、軽快

common hop