ラムズイヤーは、昔は薬としての利用もあったようですが、最近は園芸やクラフトなどによく利用されているハーブです。
ラムズイヤーの葉は、ハーブの中でもめずらしい綺麗な肉厚のシルバーグリーンです。

ラムズイヤーの花

ラムズイヤーの花

ラムズイヤーは、植物全体が柔らかな細かい毛で覆われ、乾燥させると綺麗に乾くので、ポプリ、リース、ドライフラワーのアレンジメントなどにもよく利用されています。

特にシルバーグリーンのラムズイヤーの葉は、リースに入れても他の花とよく調和します♪

フレッシュハーブで作る香りの花束(タッジーマッジー)を作る時に、ハーブの花束の外側をラムズイヤーで囲むように束ねると綺麗なタッジーマッジーが作りやすいですよ♪

ラムズイヤー

ラムズイヤー

また、その綺麗な葉をインテリアとして飾るだけでもお部屋のイメージが一新!

ラムズイヤーの鉢植え

ラムズイヤーの鉢植え

ラムズイヤーの葉は、肉厚で独特のその葉の質感から今流行のプリザーブドグリーンとしても人気があります。

ラムズイヤーは、プリザーブドフラワーとしてこんな感じで販売されています。↓

学名 Stachys byzantina
英名 Lamb’s ears(「子羊の耳」という意味)
別名・和名 スタキス 、ワタチョロギ
原産地 西アジア(コーカサス~イラン)
分類 シソ科イヌゴマ属 / 多年草
大きさ 20cm~80cm
種まき・植え付け 4~5月、9月
開花時期 6~9月
収穫時期 6~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 葉、花
利用方法 園芸、クラフト
花言葉 あなたに従う、ぽっちゃりした人

Lamb’s ears