ラベンダーの育て方で、一番気を付けなければいけないことといえば、水はけでしょうか?
ラベンダーを種から育てる時は、春から秋に種をまきますが、発芽には結構時間がかかります。2週間から数か月の間に次々と芽を出しますが、この時期だけは水を切らさないように管理しなければなりません。
また、種をまいた場合、開花は翌年になりますから、ラベンダーは、苗から育てた方が手軽です。

ラベンダー

ラベンダー

ラベンダーは、日当たりの良い場所を好みますが、以外にも半日陰でも育ちます。
そのかわり高温多湿が苦手なのです(-_-;)
水やりは、控えめにしましょうね。

ラベンダーの株は横に大きく張り出して育ちますが、やせた土壌を好むので、石と石の間のようなとにかく水はけの良い場所が大好きなのです。

できれば、日当たりがよくて、乾燥ぎみのやせた土壌で育ててあげましょう。

ラベンダーは、プランターや鉢でも育てることはできますが、地植えすると毎年開花して収穫できます。

ポプリやクラフト以外にもいろいろと利用できるハーブですからよくばりたいですね。

学名 Lavandula spp
英名 Lavender、English Lavender
別名・和名 コモンラベンダー、薫衣草
原産地 地中海沿岸、北アフリカ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 30cm~60cm
種まき・植え付け 4~6月
開花時期 5~7月
収穫時期 5~7月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 茎、葉、花
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、染色、切り花、園芸、クラフト
花言葉 疑惑、私に答えてください、沈黙

Lavender
English Lavender