レモンバーベナは、レモンの香りが強く、葉に触れただけでレモンの香りがいっぱいに広がります。

レモンバーベナを育てる場合は、日当たりの良い場所を選び、半耐寒ハーブなので、冬は株元を保温するか、鉢植えにした場合は、室内に入れる。

レモンバーベナ

レモンバーベナの花
レモンバーベナの花

6月~8月にかけて、白くかわいい花を咲かせますが、レモンバーベナのハーブとしての利用部位は葉です。
レモンバーベナのハーブティーは、「食欲増進」「消化促進」の効果があると言われ、フランスでは食後のハーブティーとして好まれています。
フレッシュな葉で淹れたハーブティーは、色もきれいで香り豊かです。

レモンバーベナハーブティー
レモンバーベナの葉は、乾燥させてドライハーブになってもレモンに似た香りの強さはさほど変わりありません。

学名 Aloysia triphylla
英名 Lemon Verbena
別名・和名 レモンバービーナ、ベルベーヌ、ボウシュウボク、コウスイボク
原産地 南アメリカ
分類 クマツヅラ科 / 木本
大きさ 50cm~3mほど
種まき・植え付け 4月~5月
開花時期 6月~8月
収穫時期 5月~10月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 半耐寒
利用部位
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト、切り花
花言葉 忍耐、広い心

Lemon Verbena