スイートマジョラムは、「マジョラム」として一般に知られていますが、日本名は「マヨラナ」または「ハナハッカ」です。ドライにしても残る甘い芳香は、肉や魚との相性がよく、臭みを消して風味を増すことから古くから料理用ハーブとして親しまれてきました。

スイートマジョラムの若葉は、サラダに添えたりハーブティーとして使用します。

スイートマジョラム

スイートマジョラム

スイートマジョラムは、日当たりと水はけに気をつければよく育ちます。草丈が20cmに成長したら若葉は摘んで風通しをよくしておきましょう。
初夏に白い花が咲きますが、ハーブとして利用する場合は、開花する前に枝ごと切り収穫します。
花が終わったら、追肥しておくと秋にはまたたくさんの葉を付けます。

スイートマジョラムの花

スイートマジョラムの花

 

学名 Origanum majorana
英名 Sweet marjoram
別名・和名 マヨラナ、ハナハッカ
原産地 地中海沿岸
分類 シソ科ハナハッカ属 / 多年草
大きさ 20cm~50cmほど
種まき・植え付け 3~6月
開花時期 3~5月、9~10月
収穫時期 5~10月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 半耐寒
利用部位 葉、茎
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト、園芸
花言葉 赤面

Sweet marjoram