ハーブティーで、本当に綺麗なブルーのハーブティーがあります。マロウの花でいれたハーブティーがマロウティー(ブルーマローティー)です。
マロウティーにレモンスライスを浮かべてみると、みるみるピンク色に染まっていくので、この様子からフランスでは、「夜明けのお茶」と呼ばれているそうです。

また、マロウティーは、喉の痛みやセキをやわらげる効果が期待できます。

マロウ

マロウ

花は一日花なので、保存するなら完全に開花する前に順次摘み取り、乾燥させておきます。

また、マロウの葉はビタミンが豊富で、若葉は野菜として生の花も食べることができます。

マロウを栽培する時は摘心して、横に枝が伸びるように育て、大きくなってきたら支柱をたててあげましょう。

※うどん粉病に注意

学名 Malva sylvestris
英名 Common Mallow
別名・和名 コモンマロウ、ハイマロウ、ウスベニアオイ
原産地 南ヨーロッパ
分類 アオイ科ゼニアオイ属 / 多年草
大きさ 50cm~1.5m
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 5~8月
収穫時期 5~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 花、葉
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト、園芸
花言葉 やさしさ

Common Mallow