スペアミントとペパーミントは、ともに清涼感のある香りがあるのが特徴のハーブで、数あるミント種の中でも代表的な種類です。どちらも世界中の多くの人に指示され、料理やお菓子の香りとしてよく使われています。スペアミントの方が香りに甘味を含み、清涼感はペパーミントの方が強いようです。

スペアミント
スペアミント

スペアミントは、葉や茎にさわやかな香りがあり、その清涼感とほのかな甘みからキッチンハーブとして多く使われ、ハーブティー、料理、お菓子作りには欠かせないハーブのひとつです。

【スペアミント】
利用部位:茎、葉、花

利用方法:ハーブティー、料理、切り花、園芸、クラフト、ヘルスケア

分類:シソ科ハッカ属 多年草

別名:オランダハッカ、ミドリハッカ、ガーデンミント

原産地:地中海沿岸

Spearmint


ペパーミント
ペパーミント

ペパーミントは、スペアミントとウォーターミントを掛け合わせてできた雑種ハーブだと言われています。
ガムや歯磨き粉の香りとしておなじみだと思いますが、他にもメントールが多く含まれていることから、紅茶、アイスクリーム、料理などで、その清涼感のある香りが楽しまれています。

【ペパーミント】

利用部位:茎、葉、花

利用方法:ハーブティー、料理、切り花、園芸、クラフト、ヘルスケア

分類:シソ科ハッカ属 多年草

別名:セイヨウハッカ

原産地:ヨーロッパ

Peppermint