ナスタチウム は、蓮のような丸っこい葉っぱがかわいい、オレンジ、黄色、赤など綺麗な花を咲かせる ハーブ です。
春蒔きの一年草で、種を蒔くときは、殻が硬いので一晩水につけてから蒔いた方が芽が出やすいようです。
私はいつも苗を買って、ハンギングバスケットなどで育てていたのですが、つる状の茎をよく伸ばして、初夏~秋にかけて色鮮やかな花を楽しませてくれました。

ナスタチウム は、高温多湿な梅雨時から夏にかけてどうしても弱った感じになるので、ハンギングバスケットなど移動が可能な場合は、涼しいところへ移しておいた方がいいと思います。また秋になると元気に花を咲かせますよ。

ナスタチウムの花

ナスタチウム の 花

ナスタチウム の 育て方 を動画で詳しく解説されていました。

勉強になりますよ♪ ⇒ ナスタチウム の 育て方(動画)

肥料のことを解説されていましたが、「なるほど、思いあたることが・・・(^_^;)」です。

ナスタチウム は「やせた土の方が花付きが良い」と、聞いたことはあったのですが、花をたくさん咲かせたい場合と、葉を多く茂らせたい場合では、肥料のやり方が違うようです。

ハーブ らしく、ナスタチウム の香りは好き嫌いがあると思いますが・・・

学名 Tropaeolum majus
英名 Nasturtium
別名・和名 インディアンクレス、キンレンカ
原産地 南アメリカ
分類 ノウゼンハレン科 / 一年草
大きさ 30cm~3mほど
種まき・植え付け 3月~4月、10月~11月(暖地)
開花時期 5月~7月、9月~10月
収穫時期 5月~7月、9月~10月
日当たり・耐寒性 日当たり、半日陰どちらも大丈夫 / 耐寒性なし
利用部位 葉、花、種、つぼみ
利用方法 料理、切り花、園芸
花言葉 試練に勝つ

Nasturtium