オレガノの育て方は、ハーブのなかでもそんなに難しい方ではありません。
植え付けは、春なら4月~6月。秋なら9月~10月に行います。オレガノは比較的寒さには強く、戸外でも越冬しますが、株元だけには防寒対策が必要です。

逆にオレガノを育てる時に注意したいのは、梅雨時の蒸れです。
乾燥したやせた土でも育つオレガノなので、湿気の多い梅雨時や夏場に茂った葉が密集して、蒸れて腐ってしまわないように小まめに葉を摘んで、日頃から風通しをよくしておきましょう。

オレガノ

オレガノ

オレガノは、株分けや挿し木で手軽に増やすことができます。

オレガノの花は、夏に咲きます。
花の色は、白、淡紫、淡ぴんくなど、多彩です。

ワイルドマジョラムという別名の通り、野性味あふれる丈夫なハーブです。

オレガノの花

オレガノの花

繁殖力旺盛なので、葉と葉が混み合うことに注意すれば、オレガノの育て方は簡単です。

日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。

開花期の香りが強いので、そのころに収穫して乾燥保存しておくとよい。

学名 Origanum vulgare L .
英名 Oregano
別名・和名 ワイルドマジョラム、ハナハッカ(花薄荷)
原産地 ヨーロッパ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 30cm~60cm
種まき・植え付け 4月~6月、9月~10月
開花時期 7月~8月
収穫時期 6月~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む(明るい日陰も可) / 耐寒性あり
水やり 土が乾いていたら水を与える(高温多湿には注意)
用土・肥料 水はけの良い土を選び、肥料は控えめでよい
利用部位 花、葉、若枝、茎
効果・効能 風邪、アレルギー、気管支炎、頭痛、生理痛、口内炎、消化不良、腹痛、 疲労倦怠
利用方法 ハーブティー、料理、ポプリ、ドライフラワー
花言葉 輝き、実質

oregano