オレガノは、防虫や殺菌作用などがあるので、紀元前から薬用ハーブとしての利用があったようです。
オレガノは、とても育てやすいハーブで、キッチンハーブの一種としてオススメですが、古くは修道院の庭で栽培され、収穫後のオレガノを土間にまき、踏んでその殺菌効果を生かすなど、生活空間の浄化として利用されていました。

オレガノ

オレガノ

オレガノは、ドライの方がよく香り、スパイシーな強い香りで消化促進が期待できます。

オレガノ ドライ

開花期のオレガノは、とても香りが強いので、花が咲いている時にオレガノを収穫して乾燥、保存しておくと、加熱しても香りが消えないので、料理にも重宝します。
そのスパイシーな香りは、イタリア料理と愛称ピッタリ!

学名 Origanum vulgare L .
英名 Oregano
別名・和名 ワイルドマジョラム、ハナハッカ(花薄荷)
原産地 ヨーロッパ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 30cm~60cm
種まき・植え付け 4月~6月、9月~10月
開花時期 7月~8月
収穫時期 6月~9月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む(明るい日陰も可) / 耐寒性あり
水やり 土が乾いていたら水を与える(高温多湿には注意)
用土・肥料 水はけの良い土を選び、肥料は控えめでよい
利用部位 花、葉、若枝、茎
効果・効能 風邪、アレルギー、気管支炎、頭痛、生理痛、口内炎、消化不良、腹痛、 疲労倦怠
利用方法 ハーブティー、料理、ポプリ、ドライフラワー
花言葉 輝き、実質

※妊娠中の摂取は控えた方が良いでしょう。

oregano