ちょっと、ツンをした香りがするローズマリー!その香りで何となく体がシャンとするような気がしていましたが、ローズマリーの効能には、脳のはたらきを活発にし、記憶力を高めるというものがあります。
近年、心配の度合いを増している『認知症』の予防にもローズマリーは期待されています。

ローズマリーティー

肉料理や魚料理に多く使われ、スープなどの風味づけにも利用されますが、寒い冬でも元気な常緑樹なので、その新鮮な葉から作ったローズマリーティーで頭もスッキリ!記憶力の維持に期待しまいます。

ローズマリーは、ヨーロッパでは「お守りのハーブ」「若返りのハーブ」と言われ、血行促進、殺菌、強壮などの効能に加え、脳細胞の活性化をする働きも認められていますので、本当に幅広い使い道のあるハーブです。

ローズマリー

学名 Rosmarinus officinalis
英名 rosemary
別名・和名 マンネンロウ
原産地 地中海沿岸
分類 シソ科 / 木本
大きさ 50m~1.5m
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 9~7月
収穫時期 周年
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 半耐寒
利用部位 葉、枝、花
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト、園芸
花言葉 おもいで、かわらぬ愛

rosemary