ルーというハーブは、とても個性的な香りのするハーブで、学名の一部にもgraveolens(グラベオレーンス)「強い香りがする」と付いているくらいです。
中国名の「芸香(うんこう)」も芸が盛んなる様子という意味で、香りが盛んにすることを示しています。

ルー

ルーの利用部位は、葉と花で、葉に含まれる精油成分が「駆虫薬」の役目を果たし、その殺菌作用から衣類の防虫、本のしおりなどにされ、また古くはヨーロッパで疫病薬として使用されていましたが、毒性があることがわかり、現在ではほとんど食用としては利用されていません。

ルーの花
初夏に咲くルーの黄色い花

ルーの茎の頂点には、いくつもの花茎が伸び、その先に咲かせた黄色い小花を蝶が好みます。
花びらの縁は内側に巻き戻るような形で、葉も切れ込みのある個性的な形をしていて、葉はトランプの「クラブ」のモチーフになったと言われています。葉が斑入りのものや青っぽい品種のものもあります。

学名 Ruta graveolens
英名 Rue
別名・和名 ルー、ヘンルーダ
原産地 ヨーロッパ南部
分類 ミカン科 / 多年草
大きさ 40cm~80cmほど
種まき・植え付け 3~5月、10月
開花時期 5月~7月
収穫時期
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 半耐寒
利用部位 花、葉
利用方法 ポプリ、クラフト、切り花、園芸
花言葉 悔恨

Rue