セージは、とても丈夫で日当たりがよく、通気性と水はけが良ければよく育ちます。また、時期によっては、室内でも栽培可能です。

セージ

セージ

セージの苗の植え付けは、春(5月から6月)と秋(9月から10月中旬)。また、種まきは、箱まきと直まきの両方可能ですが、直まきの場合は5月以降に行うようにしましょう。

セージ

メドーセージ

セージは、耐寒性はありますが湿気を嫌うので栽培中はこまめに葉を収穫するなどして、常に株の通気性が良く保たれるように気をつけます。

セージ

チェリーセージ

セージの開花期は、6月から7月頃ですが、開花する直前に枝ごと切って乾燥させると、よい香りが長持ちします。

花の終わった後は、株の切り戻しを行いお礼肥をあげておきましょう。

花芽は、前年の枝につくのでこの辺もお忘れなくね。

セージという ハーブ には、「防腐」「殺菌」「抗菌」などの薬効作用があることから、古代アラビアでは、「庭にセージがあれば死なない」ということわざがあったほどだそうです。

また、薬用だけでなく、料理用ハーブとしても肉や魚料理の臭みを消して風味を引き立てる、野菜などとの相性も良いためいろいろな料理の利用できます。

学名 Salvia officinalis
英名 Sage
別名・和名 ガーデンセージ、ヤクヨウサルビア
原産地 地中海沿岸、北アフリカ
分類 シソ科 / 木本
大きさ 30cm~60m
種まき・植え付け 4~5月、10~11月
開花時期 6~7月
収穫時期 周年
日当たり・耐寒性 日当たりをこのむ / 耐寒性あり
利用部位 花、葉
利用方法 ハーブティー、料理、ヘルスケア、クラフト、切り花
花言葉 燃ゆる思、家族愛

Sage