サラダバーネットは、サラダ用ハーブとして栽培されていた為、「サラダバーネット」という名前が付いたと言われています。

サラダバーネットは、サラダの他にも、スープやソースなどの風味付けに使われています。

サラダバーネット

サラダバーネット

サラダバーネットの若葉は、胡瓜によく似た風味があり、ビタミンCを含んでいます。

消化を助けるハーブとして、また、利尿作用なども期待でき、傷口や内出血をもやわらげる働きがあるとされています。

サラダバーネットの花

サラダバーネットの花

サラダバーネットは、春から初夏に茎の先に球状のかわいい赤い花を付けます。

サラダバーネットの花

サラダバーネットの花

学名 Sanguisorba minor
英名 Salad Burnet
別名・和名 ガーデンバーネット、オランダワレモコウ
原産地 ヨーロッパ、アジア
分類 バラ科 / 多年草
大きさ 30cm~60cm
種まき・植え付け 3~4月、9~10月
開花時期 5~7月
収穫時期 5~7月
日当たり・耐寒性 日当たりをこのむ / 耐寒性あり
利用部位 葉、花、根
利用方法 料理、ヘルスケア、クラフト、園芸
花言葉 陽気、楽しみ

Salad Burnet