「品種の特徴」タグの記事一覧

フレンチタラゴンというハーブの種類

タラゴン (フレンチタラゴン)
フレンチタラゴン

タラゴンには2種類あると言われ、「ロシアンタラゴン」と「フレンチタラゴン」として一般に知られています。料理には香りのよいフレンチタラゴンを利用します。フレンチタラゴンには、香りと風味があり、フランス料理には欠かせないハーブになっています。香りはアニスに似た甘い香りと表現されることが多いです。

アニスというハーブの種類

アニス (アニシード)
アニス

スパイスの代表とも言えるアニスの種子の芳香は、精油に多く含まれている「アネトール」という成分にあります。また、同じ成分を含むものにモクレン科の八角(ハッカク)がありますが、これは果実を利用し、スターアニスと呼ばれています。

ベルガモットの香り

ベルガモット
ベルガモット

ベルガモットの香りもその種類によってさまざまで、ミント系、レモン系などの品種があり、紅茶の「アールグレイ」は茶葉にベルガモットオレンジという柑橘類の香りを付けたフレーバーティーです。

セージ は、サルビア のこと?

セージ (ヤクヨウサルビア)
スパニッシュセージ

セージというと「サルビア」を思い出しますが、セージにはたくさん種類があり、食用として料理やハーブティーとして使われるのは、ほとんどが「コモンセージ」というセージです。 「サルビア」という名前は、ラテン語の「サルビス」から来ていて「健康」「安全」を意味するそうですが、これは一部の薬用に使われるセージのことだけを指しているそうです。

ハーブ タイム レシピ

タイム (タチジャコウソウ)
ハーブタイム

ハーブ タイム は、種類が多いですし名前に「 タイム 」と、付いていてもタイムじゃないものもあるので、ん~難しいです^^; ラベンダー色の花を付けるから「ラベンダータイム」とか、レモンの香りの「レモンタイム」、オレガノの香りの「オレガノタイム」など・・・

カモミール の 種類

カモミール (カモマイル、カミツレ)
カモミールの群生

カモミールは、ハーブとしていろいろな使い方をされますが、ほとんどの場合花だけを使います。 ハーブティー、ハーブ石鹸、ドライハーブ、ポプリ、押し花、コラージュ、ハーブバス、化粧水、ハーブピローなどなど・・・カモミールの香りがリラックスさせてくれます。

ページの先頭へ