アニスヒソップは、5月~10月にかけて小さな花が集まった花穂をつけるハーブで、その花は白から薄紫、鮮やかな藤紫までとても綺麗で、ポプリやドライフラワーとしても利用されています。
また、花の蜜も豊富なアニスヒソップは、ミツバチの蜜源植物としても知られ、古くは養蜂業者によって広く栽培されていたようです。

アニスヒソップ

株全体からアニスの香りが漂うその葉は、触れるとアニスに似た甘くスパイシーな香りがして、ハーブティーやフレッシュハーブサラダとして利用されています。

花の咲く時期が長いこともアニスヒソップの特徴のひとつで、花姿も乱れにくく夏のハーブガーデンには欠かせないハーブ種のひとつになっています。

薄紫のアニスヒソップ

アメリカの先住民は、アニスヒソップを風邪などの症状を抑えるために使っていたとされ、薬用植物としての認識があるようです。

フレッシュのまま花束を作ったり、乾燥させてドライハーブとしてクラフトに利用したり、お料理、お茶、園芸と、用途がたくさんあるハーブです。

学名 Agastache foeniculum
英名 Anise hyssop
別名・和名 ジャイアントヒソップ、シロバナカワミドリ
原産地 北アメリカ、中央アメリカ
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 50m~1m
種まき・植え付け 4~5月
開花時期 5~10月
収穫時期 5~10月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位 花、葉
利用方法 ハーブティー、料理、クラフト、園芸
花言葉 思いやり

Anise hyssop