レモンバームティーの作り方とおいしく入れるコツ!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

レモンバームティーは、レモンのような爽やかな香りが特徴で、とても飲みやすいハーブティーです。酸味はほとんどなく、さっぱりとしていて、そのまろやかな味わいは気持ちを落ち着かせたい時やイライラしている時などにおすすめです。

レモンバームティー

レモンバームティーの作り方

フレッシュハーブ(生葉)で作る場合の材料と作り方

【材料(1杯分)】
・フレッシュのレモンバームひとつかみ(ティースプーン2杯程度)
・ティーポット
・沸かしたての熱湯ティーカップ1杯分

【作り方】
・レモンバームの生葉を水洗いして、よく水気を取り、手でちぎります。
・ティーポットにちぎったレモンバームの生葉を入れ、沸かしたての熱湯をティーカップ1杯分注ぎ入れます。
・蓋をして3~5分ほど蒸らして、お湯がレモンイエローに色づいたら、予め温めておいたティーカップに注ぎます。

【フレッシュのレモンバームティーをおいしく入れるコツ!】
ハーブの種類によってはハサミでカットすることもありますが、レモンバームは手でちぎった方が香りがよく出ておいしくいただけます。また、レモンバームは以外と傷みやすいハーブなので、水洗いする際も丁寧に扱うようにしないと黒く変色していまうので注意しましょう。時間が経ってしまうと渋みが強くなってしまうことがありますので、入れたてをおすすめします。

レモンバームティー

ドライハーブ(乾燥させた葉)で作る場合の材料と作り方

【材料(1杯分)】
・ドライのレモンバームひとつかみ(ティースプーン1杯程度)
・ティーポット
・沸かしたての熱湯ティーカップ1杯分

【作り方】
・レモンバームの乾燥させた葉をティーポットに入れます。
・ティーポットに沸かしたての熱湯をティーカップ1杯分注ぎ入れます。
・蓋をして3~5分ほど蒸らして、お湯がレモンイエローに色づいたら、予め温めておいたティーカップに注ぎます。

【ドライのレモンバームティーをおいしく入れるコツ!】
ドライハーブの場合、乾燥していてハーブの量は少なくみえますが、お湯を注いで戻されるとフレッシュハーブよりもゆっくりと葉が開く分、2杯目も風味豊かにいただけます。
また、基本ティーポットはどのようなものでも良いのですが、特にドライハーブの場合、ガラスのティーポットだと葉が開いていく様子がわかって目で見ても楽しめます。

レモンバームを使ったブレンドハーブティーの作り方

レモンバーム+ペパーミント+スペアミント

【材料】
レモンバーム(1)に対して、ペパーミント(1/2)、スペアミント(1/2)

【作り方】
・3種類のハーブをティーポットに入れます。
・ティーポットに沸かしたての熱湯をティーカップ1杯分注ぎ入れます。
・蓋をして3~5分ほど蒸らして、予め温めておいたティーカップに注ぎます。

3種類のハーブは、フレッシュでもドライでもおいしくいただけます。レモンバームやミント類は、消化を助けリラックス効果があるので、食前食後のお茶として最適です。

レモンバーム+ジャーマンカモミール+レモングラス

【材料】
レモンバーム(1)に対して、ジャーマンカモミール(1)、レモングラス(1)

【作り方】
・3種類のハーブをティーポットに入れます。
・ティーポットに沸かしたての熱湯をティーカップ1杯分注ぎ入れます。
・蓋をして3~5分ほど蒸らして、予め温めておいたティーカップに注ぎます。

※イライラしてストレスが溜まっているような時に、気分を落ち着けリフレッシュ効果が期待できるのがこのブレンドハーブティーです。ただし、子宮の収縮を促進する作用があるとも言われているカモミールが入っているので、妊娠中の飲用は控えめに・・・

レモンバームティーはこんな時に飲みたいハーブティー

レモンバーム ティーは、気分が高揚してどうしようもなく、気持ちを落ち着かせたい時やストレスが溜まり、頭痛が伴う時などにおすすめのハーブティーです。
また、食欲を増進させたり、消化を助けてくれるはたらきを持つことから、食前食後のハーブティーとして好まれています
不老長寿や脳の活性化、若返りなど、その爽快なレモンの香りから連想される効果が期待できるとも言われています。
レモンバームは、簡単に栽培することができ、とても扱いやすいハーブですから、手軽にプランターやコンテナで育てて、生葉のフレッシュなハーブティーを楽しみ、豊富に収穫できた時にはドライハーブとして保存して、一年中、お料理やヘルスケア、クラフトや切り花としてレモンバームを楽しみましょう!

レモンバーム
レモンバーム

学名 Melissa officinalis
英名 Lemon balm
別名・和名 メリッセ、セイヨウヤマハッカ
原産地 ヨーロッパ南部、地中海沿岸
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 30cm~60m
種まき・植え付け 4月、10月
開花時期 6~7月
収穫時期 3~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位
利用方法 ハーブティー、料理、クラフト、切り花、園芸
花言葉 思いやり、同情

Lemon balm