ハーブティーは、その香りと色合いを楽しみ、さらにハーブ特有のさまざま効能が得られます。
それぞれのハーブの特性を知り、自分に合ったハーブティーを見つけましょう。

古来より、歯痛や腹痛の緩和、解毒剤として利用されてきました。ほのかにレモンの香りがする葉を使用します。

カモミールティー
カモミールティーの作り方
鎮静作用と消化促進作用があり、食べ過ぎ、腹痛、風邪のひきはじめに効果的です。花を使用します。
ハイビスカスティー
ハイビスカスティーの作り方
喉の炎症を抑える効果があり、風邪対策、二日酔い対策、むくみの改善、利尿効果に期待できます。花を使用します。
ラベンダーティー
ラベンダーティーの作り方
緊張緩和に役立ち、イライラしている時に落ち着かせてくれるハーブティーです。就寝前に最適!イングリッシュラベンダーの花を使用します。
ペパーミントティー
ミントティーの作り方
メントールの清涼感で、初期の風邪や食べ過ぎた時の膨満感の改善にオススメ!主に葉を使用します。
ブルーマロウティー
マロウティーの作り方
鮮やかなブルーのマロウティーは、レモンスライスを浮かべるとピンク色に染まります。喉の痛みやセキをやわらげます。乾燥した花を使用します。
サフラワーティー
サフランティーの作り方
冷え性や生理不順といった女性特有のトラブルに効果的なハーブティーです。紅花の花びらを使用します。
レモングラスティー
レモングラスティーの作り方
血行促進や消化を促進、気分をリフレッシュしたい時に効果的。葉を使用します。
リンデンティー
リンデンティーの作り方
花にはリラックス効果や血圧上昇を抑える作用があり、木には利尿・脂肪分解作用があります。花と白木部を使用します。
レモンバームティー
レモンバームティーの作り方
気持ちを落ち着かせたい時やイライラとストレスが溜まり、頭痛が伴う時などにおすすめのハーブティーです。
ローズヒップティー
ローズヒップティーの作り方
ビタミンCやβカロチンが豊富で、風邪薬として古くから利用されています。美肌効果も・・・主に実を使用します。
ローズマリーティー
ローズマリーティーの作り方
血行促進や脳の働きを活性化させ、集中力を高める働きがある。さらっとしたくせのないハーブティー。葉を使用します。

ハーブティーは、摘みたてのフレッシュハーブ、または、乾燥させたドライハーブを使用しますが、市販のドライハーブにはかなりの種類があり、手軽にハーブティーを楽しむことができます。

自分で育てたフレッシュハーブは、若い花や葉を摘んで使います。
花は咲きかけているもの、葉は開花直前に積んだもの、根を利用する場合は養分が十分に蓄積された秋が良いようです。

また、ドライハーブを作っておく場合は、花や葉が付いた枝を刈り取り、水洗いして何本かづつ束ねた状態で風通しの良い場所に吊り下げ、一週間ほど乾燥させ、仕上げに電子レンジで何秒か温めパリパリにします。
花を葉を取り密封容器に入れ、直射日光が当たらず高温多湿を避けられる場所に保管します。