クレソンは、そのフレッシュな味わいから野菜サラダや肉料理の付け合せとして食べる場合が多いようです。

クレソンには、豊富なカルシウムやβカロテンが含まれており、その量は他の緑黄色野菜などと比べてもトップクラスですし、、ビタミンCやミネラルなども豊富なので、特に肉食が好きな方は不足しがちなビタミンCを補う意味でもクレソンを積極的に利用するようにしましょう。

クレソン

クレソンをスーパーなどで購入する際には、濃い緑色で光沢がよい葉を付け、節がつまり茎の太目のものを選ぶとよいでしょう。

クレソン

買ってきたクレソンは、茎の部分を冷たい水に漬け鮮度を保つようにします。

クレソンのサラダ

春から初夏にかけてのクレソンには、栄養素がたくさん含まれていますので、生のまま食べることがベストだと思いますが、どうしても生が苦手という方は、茹でてから、ソテーにしましょう!

クレソン

クレソンの茎は固いので、葉の部分より先に茹でます。ただし、茹でるとどうしてもクレソンに含有されるビタミンCが流れ出してしまうので、茹ですぎないよう注意です。

料理に添えられたクレソン

クレソンには、その他にもビタミンA、ビタミンB2、鉄分、食物繊維などたくさんの栄養が含まれています。ステーキなどに添えられたクレソンはできれば残さずに食べておきたいものですね♪

クレソンの栄養価を知って、クレソンを美味しくいただきましょう!

生命力が強いので、自宅でも簡単に栽培する事ができます。

学名 Nasturtium officinale
英名 Watercress
別名・和名 ウォータークレス、オランダガラシ
原産地 ユーラシア
分類 アブラナ科 / 多年草
大きさ 30~50cmほど
種まき・植え付け 4月~6月
開花時期 4月~8月
収穫時期 4月~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 湿り気のある土壌を好むのでたっぷりと水を与える。
用土・肥料 本来、水辺で育つので、水耕栽培でもよく育つ。マメに液体肥料
利用部位 葉、茎
効果・効能 美容・美肌効果、動脈硬化予防、血栓の予防、貧血予防
利用方法 料理、ヘルスケア
花言葉 着実、不屈の力、忍耐力、安定

Watercress