キャットニップは、耐寒性もあり育てやすいハーブです。種は、春と秋に蒔くことが可能で、土も選ばず、日当たりのよい所に挿し芽をすればなんなく育てられるでしょう。さらに株分けで増やすことも可能ですし、こぼれ種から増えてしまうこともあるでしょう。

非常に育てやすいハーブのキャットニップ。猫好みの香りで6~7月頃に白い花を咲かせます。

キャットニップの花

キャットニップの花

キャットニップは、かつてヨーロッパでは紅茶が普及するまでは、キャットニップがお茶として飲用されていたといいます。
和名では、イヌハッカと呼ばれますが、猫が非常に好む香りを発散するので、このハーブのそばには猫が集まってきます。

キャットニップ

学名 Nepeta cataria
英名 Catnip
別名・和名 キャットミント、イヌハッカ
原産地 ヨーロッパ、アジア
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 40~60cm(広がり20~50cm)
種まき・植え付け 4月~5月
開花時期 5月~8月
収穫時期 4月~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 土が乾いたら水を与える(夏の多湿に若干弱い)
用土・肥料 水はけが良く、肥料は控えめでよい
利用部位 葉、花
効果・効能 発汗、解熱、健胃、鎮静、通経(月経促進)
利用方法 ハーブティー、クラフト、ヘルスケア
花言葉 愛らしさ、自由な愛

Catnip