ソープワートは、生育旺盛でハーブの中でも栽培しやすいハーブです。
ソープワートの栽培のポイントは、日当たりと水はけの良い場所を選ぶこと。夏に開花する薄ピンクの花は、日当たりが悪いと白っぽくなってしまいます。

ソープワートの花

ソープワートの花

ソープワートは葉にサボナリンを含み、葉をちぎると白い乳液が出てきます。
この白い乳液は、ヌルヌルとしていて水に溶かすと石鹸状となるので、外国では今でも石鹸の代わりとして使用されている場合がありますが、毒性もあるので粘膜などにつくと危険です。また、食用にはむかないハーブです。

ソープワートとは、石鹸草という意味で、別名を「シャボンソウ」といいます。
群生する薄ピンクの花には芳香があり、さらに花持ちがいいことから観賞用の花としても人気があります。

八重咲きのソープワート

八重咲きのソープワート

学名 Saponaria officinalis
英名 Soapwort
別名・和名 サボンソウ、シャボンソウ
原産地 ヨーロッパ、西アジア
分類 ナデシコ科 / 多年草
大きさ 50cm~80m
種まき・植え付け 4~5月、9~10月
開花時期 6~9月
収穫時期 6~10月
日当たり・耐寒性 日当たりをこのむ / 耐寒性あり
利用部位 花、葉
利用方法 ヘルスケア、クラフト、切り花
花言葉 清廉

Soapwort