カモミールは、ハーブとしていろいろな使い方をされますが、ほとんどの場合花だけを使います。
ハーブティー、ハーブ石鹸、ドライハーブ、ポプリ、押し花、コラージュ、ハーブバス、化粧水、ハーブピローなどなど・・・カモミールの香りがリラックスさせてくれます。
カモミールの花は1~2cmほどに開花し「マーガレット」のちっちゃいのみたいでかわいいです♪
ジャーマンカモミールは、ハーブティーとして利用されますが、甘く青りんごのようなやさしい香りに人気があります。また、昔からカモミールティーになじみの深いヨーロッパでは、カモミールティーというと、「ローマンカモミール」のダブルフラワー(八重咲き)を使うことが多いようです。

カモミールの群生

カモミール

カモミールは、大きく分けて1年草のジャーマンカモミールと多年草のローマンカモミールに分けられますが、ちょっと見ただけでは見分けるのは難しいです。

見分け方としては、ジャーマンカモミールは、花だけが香り、ローマンカモミールは、花以外に茎や葉も香りがあります。

また、ジャーマンカモミールの方が、花の中心部分の黄色い花芯が盛り上がっているのが特徴です。

ハーブティーとして使うのは「ジャーマンカモミール」、ハーブオイルとして使うのは「ローマンカモミール」が多いようです。

学名 Matricaria recutita
英名 chamomile
別名・和名 カモマイル、カミツレ
原産地 ヨーロッパ~西アジア
分類 キク科 / 一年草
大きさ 40cm~60cmほど
種まき・植え付け 3月~4月、9月
開花時期 4月~6月
収穫時期 4月~6月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
水やり 土が乾いたらたっぷり水を与える(やや湿気を好む)
用土・肥料 水はけが良く、保水性もあると尚よい。肥料は控えめでよい
利用部位 葉、花
効果・効能 疲労回復、消炎作用、保湿、発汗、鎮静
利用方法 ハーブティー、切り花、園芸、クラフト、染色、料理
花言葉 苦難の中での力

german chamomile
roman chamomile