ハイビスカスは、ハーブの中でもとても種類が多く、3000品種以上あるといわれています。
日本で見られる ハイビスカスのほとんどはハワイアンハイビスカスで、花の大きさ、形、色などどれをとっても在来種やヨーロッパ系より美しさを圧倒しています。

ハイビスカス

ハイビスカスの花

ハイビスカスは、一日花ですが、日当たりのよい所に置いて育てれば 次々につぼみを付けて咲き続けてくれるので、とても育てやすい ハーブ と言えます。

<ハイビスカスの育て方>

ハイビスカス の花期は、5月から10月くらいですが、真夏の太陽の下では次々に花を咲かせ、南国情緒にあふれた花木です。

古来からブッソウゲの血の濃いオールドタイプのハイビスカスは、丈夫で一般家庭の室内で、十分冬を越せますが、ニュータイプといわれる大輪咲きの豪華に咲くタイプは、性質は比較的弱く、冬越しするのには10℃以上が必要だといわれています。

また、日陰に置くと蕾が落ちてしまい花が咲かないので、年間を通してよく陽の当たる場所に置くようにしましょう!

初夏から秋にかけての生育期には、水をたっぷりあたえ、肥料切れもおこさないように育てましょう。

ハーブとしてのハイビスカスをローゼル種に絞って考える場合もあります。

ハイビスカス・ローゼル
ハイビスカスティーやハイビスカスのジャムなどに使われているのは、ほとんどの場合ハイビスカスの中でも「ローゼル」だからです。

観賞用のハイビスカスとハーブとしてのハイビスカスは違うようです。

ローゼル

ローゼルの一種

hibiscus4

学名 Hibiscus sabdariffa
英名 Roselle
別名・和名 ローゼリソウ
原産地 アメリカ北東部、熱帯アジア
分類 アオイ科 / 多年草
大きさ 1.5m~2mほど
種まき・植え付け 4~7月
開花時期 11月
収穫時期 11~12月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性なし
利用部位 果実(萼)、葉、種子、花、茎
利用方法 ハーブティー、料理
花言葉 常に新しい美、繊細な人

Roselle