「薬用植物」タグの記事一覧

ルーというハーブの種類

ルー (ヘンルーダ)
ルー

ルーの茎の頂点には、いくつもの花茎が伸び、その先に咲かせた黄色い小花を蝶が好みます。 花びらの縁は内側に巻き戻るような形で、葉も切れ込みのある個性的な形をしていて、葉はトランプの「クラブ」のモチーフになったと言われています。葉が斑入りのものや青っぽい品種のものもあります。

オケラというハーブ

オケラ (ウケラ)
オケラの花

オケラというハーブは、アザミに似た白っぽい花を咲かせ、お茶席の茶花として利用されることの多い植物ですが、「ウケラ」という古くからの名前で万葉集の中でも詠まれています。 大晦日から元旦にかけて京都の八坂神社で行われる朮(おけら)祭りのかがり火に用いられ、邪気を祓う力があるとされています。

ハーブ ジンジャー

ジンジャー (ハジカミ)
ジンジャー

ジンジャーは、あの香辛料として欠かせない「生姜」のことです。 ジンジャーは、料理の下味、薬味などによく使われていますが、「新陳代謝の促進」「鎮吐」「消炎」「解毒」「発汗」など、さまざまな作用があることが知られています。

ページの先頭へ