レモンバームは、紀元前から栽培されていると言われている歴史のあるハーブで、レモンに似た香りが特徴で香水の原料として使われています。また、さっぱりとしたレモンバームだけで作られたハーブティーは、食後におすすめです。

レモンバームの葉

レモンバームの別名のメリッサは、ラテン語でハチミツを意味し、昔は「蜜源植物」として使われていて、レモンバームの葉を巣箱にこすりつけていたようです。

※蜜源植物(みつげんしょくぶつ)とは、ミツバチが蜂蜜を作るために花から蜜を集める植物である。

レモンバームの使い方

生のレモンバームの香りを使う

レモンバーム水レモンバームのやさしいレモンの香りは、消化を助けリラックスできる効果があるので、食後のハーブティーとして好まれています。
また、夏の暑い時期には、豊富に収穫できる生のレモンバームを洗って、ただお水に入れておくだけでレモンバームの香りが移り爽やかなレモンバーム水を楽しむことができます。

乾燥させたレモンバームの香りを使う

レモンバームレモンバームの開花時期は6月~7月ですが、葉の収穫期は3月~11月と長く、切り戻すと新芽が出るのでボリューム感も出ますし、次々と収穫しドライハーブとして保存しておきます。

レモンバームの葉をポプリ用のドライハーブにする時は、葉を一枚ずつ摘んで乾燥させましょう。

他にもミントバジルセージなどのハーブも同様です。

レモンバームの魅力!

レモンバームは、和名で「コウスイハッカ」と呼ばれるほど香りが良く、ヨーロッパでは昔から「不老長寿」や「頭脳の働きを助ける」ハーブとして知られています。
そのレモン香はレモンバービーナより優しく、ミントほど強くないリラックスできる香りで、酸味はないので生の葉をサラダに混ぜたり、ドレッシングやソースの香りづけにも使われます。

また、レモンバームは薬草としてもそのレモンの優しい香りが、「ストレス性の頭痛をやわらげる」とか「熱を伴う風邪にいい」と言われ、不眠症や神経症障害などを軽減させてくれ、「長寿のハーブ」と言われています。

さらに・・・

「春先の気分がウキウキしてどうしようもない時」や「好きな相手から告白されて、舞い上がってしまった時」に気分の高揚を抑えるのに役立つハーブなんて言われていますよw

ポット入りレモンバームレモンバームは、とても丈夫で日当たりが良ければよく育ちます。日当たりの良いベランダや窓辺でかわいいプランターやコンテナで育てて、お友達がみえる前に葉をこすっておけばお部屋に良い香りが漂います♪

レモンバームの他にも香りを楽しむハーブとして向いているのは、ジャーマンカモミールタイムミントラベンダーローズマリーなどがあります。

学名 Melissa officinalis
英名 Lemon balm
別名・和名 メリッセ、セイヨウヤマハッカ
原産地 ヨーロッパ南部、地中海沿岸
分類 シソ科 / 多年草
大きさ 30cm~60m
種まき・植え付け 4月、10月
開花時期 6~7月
収穫時期 3~11月
日当たり・耐寒性 日当たりを好む / 耐寒性あり
利用部位
利用方法 ハーブティー、料理、クラフト、切り花、園芸
花言葉 思いやり、同情

Lemon balm